HOME
会社情報
> アパマンショップグループの歩み

アパマンショップグループの歩み

アパマンショップグループの歩み

沿革

1998年 10月 大村浩次と大手賃貸管理業経営者数人が不動産賃貸仲介業界の質的向上やIT化を目指して、統一のブランドのもとに全国の不動産賃貸店舗をフランチャイズチェーン化するために、月一度テーマを決め、研究に取り組む。
1999年 10月 株式会社アパマンショップネットワークを資本金58,000千円で東京都新宿区に設立
福岡市博多区に福岡支店開設
1999年 11月 「情報誌発刊システム」を開発
1999年 12月 「マップシステム」、「ウェブ日報分析システム」を開発
2000年 2月 本社を東京都品川区に移転
アパマンショップの広告・出版業務を行うため株式会社エイ・エス出版を設立
2000年 2月 フランチャイズ加盟店が100店舗を突破
2000年 5月 「新クライアントシステム」を開発
2000年 5月 フランチャイズ加盟店が200店舗を突破
2000年 7月 大阪市淀川区に大阪支店開設
2000年 9月 フランチャイズ加盟店が300店舗を突破
2001年 3月 大阪証券取引所(ナスダック・ジャパン)上場(
2001年 6月 アパマンショップの賃貸物件の所有者に対する「プライベートコンサル業務」を行うため、株式会社アパマンショップ・コンサルタンツを設立
2001年 6月 フランチャイズ加盟店が400店舗を突破
2001年 9月 不動産ファンドの運用・管理業務を開始
2002年 1月 首都圏におけるプロパティ・マネジメント事業の強化を図るため、株式会社アパマンショップコムズを設立
2002年 2月 フランチャイズ加盟店が500店舗を突破
2002年 4月 本社を東京都中央区に移転
2002年 8月 公募による新株式3,000株を発行
2002年 8月 静岡県浜松市砂山町に浜松営業所開設
2002年 8月 西東京エリアにおけるプロパティ・マネジメント事業の強化を図るため株式会社グリーンボックス管理の全株式を取得し子会社化
2002年 9月 アパマンショップの顧客層(アパート・マンション等の入居者)に対し質の高い各種サービスを提供し、顧客層の拡大を図るため、マンスリーステイ・アパマンショップ株式会社(株式会社アパマンショップマンスリーに商号変更)の株式を追加取得し子会社化
2002年 9月 フランチャイズ加盟店が600店舗を突破
2002年 10月 アパマンショップの顧客層(アパート・マンション等の入居者)に対し、質の高い不動産物件情報を提供するため、株式会社ウェブポータルの株式を追加取得し子会社化
2002年 11月 株式会社アパマンショップ・コンサルタンツが新規事業(投資用アパートメント斡旋・販売・受注業務)を展開するため、事業内容を反映した「アパマンショップホームプランナー」に商号変更
2002年 12月 株式会社アパマンショップホームプランナーが新規事業(投資用アパートメント斡旋・販売・受注業務)を展開するにあたり、不動産オーナーから当該物件をサブリースすること等を行うため、株式会社アパマンショップ保証を設立
2003年 6月 プロパティ・マネジメント事業の一体化、経営の効率化のため、株式会社グリーンボックス管理を吸収合併
2003年 6月 グループ全体の経営効率化を図るため、株式会社ウェブポータルを吸収合併
2003年 9月 フランチャイズ加盟店が700店舗を突破
2003年 12月 アパートや戸建住宅の建築事業において商品を多様化するため、レンガ工法の優位的技術を有している株式会社グランビルの株式を子会社株式会社アパマンショップホームプランナーが追加取得し子会社化
2004年 6月 AM事業の一体化、経営の効率化のため子会社アパマンショップホームプランナーが株式会社グランビルを吸収合併
2004年 6月 大阪地区のプロパティ・マネジメント事業の業容拡大の目的で株式会社住通サービスの全株式を取得し子会社化
2004年 9月 FC事業の今後の事業展開を勘案し、株式会社住通サービスの株式を譲渡。賃貸管理業については大阪地区のプロパティ・マネジメント事業の業容拡大が見込めるため営業権を譲受け
2004年 10月 第三者割当による新株式12,802株を発行
2005年 3月 当社及び当社グループのFC事業・プロパティ・マネジメント事業・AM事業での不動産事業の相乗効果が見込まれるため、小倉興産株式会社の株式を子会社株式会社ASアセットが取得し子会社化
2005年 4月 第三者割当による新株式90,000株を発行
2005年 5月 技術力と情報力・営業力の融合によりシナジー効果が期待できるため、株式会社鈴木工務店(現 株式会社AS-SZKi)と資本・業務提携を実施
2005年 6月 フランチャイズ加盟店が800店舗を突破
2005年 7月 北海道地区のプロパティ・マネジメント事業の拡大が見込めるため、株式会社アパマンショップ北海道を吸収合併
2005年 9月 海外事業展開の一環として韓国ソウルの株式会社Uni assetの子会社の全株式を取得し、株式会社アパマンショップコリアに商号変更
2005年 9月 不動産事業に特化して事業展開を行うため、小倉興産株式会社の石油事業の営業を小倉興産エネルギー株式会社(旧商号 小倉興産自動車整備株式会社)に譲渡
2005年 11月 北海道地区での活動を強化するため、駒矢ビル株式会社の全株式を取得し子会社化
2005年 11月 インターネットをはじめとしたさまざまなIT(情報技術)を利用し、不動産情報に特化した幅広い提案型情報サービスの提供を目指しNO.1ポータルサイトを構築するために、株式会社システムソフトを子会社化
2006年 3月 コンストラクションマネジメント業務への進出や不動産ファンド等に対する建設協力体制の構築等、さらなる相乗効果を実現するため、株式会社鈴木工務店(現 株式会社AS-SZKi)の第三者割当増資を引受け子会社化
2006年 3月 普通株式1株を3株に分割
2006年 5月 事業再編のため、子会社株式会社アパマンショップリーシングが株式会社アパマンショッププロパティ及び株式会社アパマンショップ東海を吸収合併
2006年 7月 株式会社アパマンショップネットワーク、株式会社アパマンショップリーシング及び株式会社ASNアセットマネジメントの3社に事業を分割承継し持株会社体制に移行、商号を「アパマンショップホールディングス」に変更
2006年 7月 事業再編のため、小倉興産株式会社を吸収合併し、子会社小倉興産プロパティ株式会社が商号を「小倉興産」に変更
2006年 9月 事業再編のため、子会社株式会社アパマンショップリーシングが株式会社アパマンショップマンスリーを、子会社株式会社ASNアセットマネジメントが株式会社アパマンショップホームプランナーを吸収合併
2006年 9月 北海道地区での更なるビジネス及び収益機会の拡大を見込まれるため、子会社株式会社アパマンショップリーシングが株式会社日本地建グループの株式を取得し子会社化
2006年 9月 フランチャイズ加盟店が900店舗を突破
2007年 4月 ファンド事業等の業容拡大及びパーキング事業の強化のため、株式会社パレックスの株式を取得し子会社化
2007年 6月 プリンシパル・インベストメント事業、ファンド事業の更なる拡大及び賃貸斡旋事業、プロパティ・マネジメント事業の物件増加を目指し、子会社株式会社AS-SZKiが株式会社ASNアセットマネジメントを吸収合併
2008年 3月 賃貸斡旋事業及びプロパティ・マネジメント事業の業容拡大のため、株式会社インボイスRMの株式を取得し子会社化
2008年 6月 海外事業展開の一環として、子会社株式会社アパマンショップリーシングがタイ・バンコクに現地法人Apamanshop (Thailand) Co., Ltd.を設立
2008年 7月 事業再編のため、株式会社小倉興産が小倉興産ビルサービス株式会社を吸収合併
2009年 2月 株式会社インボイスRMはさらなる企業価値向上のため、商号を「株式会社アパマンショップサブリース」に変更
2009年 3月 賃貸斡旋フランチャイズ(FC)「アパマンショップ」ならびに不動産販売フランチャイズ(FC)の海外拠点として、「アパマンショップ ペナン店」がマレーシアにオープン
2009年 6月 マレーシアにて、海外5店舗目となる「アパマンショップ クアラルンプール店」をオープン
2009年 6月 通信事業の取次推進を図るため、株式会社エイエス・コミュニケーションズを設立
2009年 11月 第三者割当による新株式325,984株を発行
2010年 10月 事業再編のため、株式会社アパマンショップネットワークが株式会社エイエス出版を吸収合併
2011年 3月 事業再編のため、株式会社アパマンショップネットワークが株式会社ターナラウンドREを吸収合併
2011年 3月 第三者割当によるA種優先株式654,546株を発行
2011年 5月 中国にて、海外6店舗目となる「アパマンショップ 広州天河店」をオープン
2011年 7月 コア事業への経営資源集中のため、子会社株式会社AS-SZKiのコンストラクション事業を株式会社鈴木工務店に分割承継
2012年 7月 コア事業への経営資源集中のため、子会社の株式会社日本地建から建設事業及び賃貸斡旋直営事業の一部を、並びに株式カンリから賃貸管理事業の一部を日本地建株式会社に分割承継した後、株式会社アパマンショップリーシングが株式会社日本地建及び株式会社カンリを吸収合併
2012年 7月 事業再編のため、株式会社アパマンショップネットワークが駒矢ビル株式会社を吸収合併
2012年 9月 フランチャイズ加盟店が1,000店舗を突破
2013年 1月 株式会社システムソフトがパワーテクノロジー株式会社を吸収合併したことにより、株式会社システムソフト及び傘下の子会社を連結子会社から持分法適用関連会社に変更
2013年 7月 東京証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場
2013年 10月 事業再編のため、株式会社アパマンショップリーシングが株式会社AS-SZKiを吸収合併
2014年 4月 普通株式及びA種優先株式1株を10株に分割
2014年 4月 普通株式の単元株式数を100株、A種優先株式の単元株式数を1株とする単元株制度採用
2014年 5月 中国での事業展開強化のため、Stasia Capital Hong Kong Limited(ステイジア香港)の株式を取得し、同社及び同社子会社の百特豪世房地産咨询(上海)有限公司(ベターハウス)を子会社化
2014年 7月 事業再編のため、株式会社アパマンショップサブリースが株式会社パレックスを吸収合併
2015年 7月 A種優先株式の全てを取得し、消却

2002年12月16日付で「ナスダック・ジャパン市場」は「ヘラクレス市場」に名称変更しており、2010年10月12日付で市場統合により「JASDAQ市場」に変更しております。