HOME
会社情報
アパマンショップグループの事業
> PI・ファンド事業

PI・ファンド事業

PI・ファンド事業

物件の付加価値を高め、安定的に収益を確保

PI・ファンド事業では、従来「斡旋事業」、「プロパティ・マネジメント事業」で培ってきた「信頼」を基盤として、「投資不動産の運用」、「バリューアップ」や「私募ファンドの運用」の3つのサービスを行っています。

「投資不動産の運用」では、賃料収入を目的とした不動産の保有業務を行っており、「バリューアップ」では、加盟店及び不動産オーナーに対して資産の有効活用に関する様々な提案を行なうとともに、自社で取得した不動産のバリューアップを行い、不動産の価値を高めます。また、「アパマンショップ」の高いブランド認知とリーシング力を付加することで、さらに物件の価値を高め、売却を行います。

「私募ファンドの運用」では、投資家皆様から委託を受け、不動産ファンドを設立し、適正に配当等を還元できるよう運用・管理を行なっています。収益性の高い物件の適正なデューデリジェンスを行い、「アパマンショップ」の高いリーシング力により、ファンドとしての価値を高め、投資家に対し利回り等を還元することを目指しています。

なお、不動産市況の変化の影響の大きい本事業は当面凍結し、アパマンショップグループのコア事業である「斡旋事業」と「プロパティ・マネジメント事業」に経営資源を集中しています。

事業内容